奇譚クラブ

奇譚クラブ 1947年(昭和22年) 創刊号

きたんくらぶ、1947年(昭和22年)10月ー1975年(昭和50年)3月

概要

奇譚クラブ 1952年(昭和27年)7月号 女天下時代特集 世界奴隷艶情史 或る変態夫婦の死

奇譚クラブ』は、1947年(昭和22年)10月[1][2][注 1]から1975年(昭和50年)3月までの28年の長期間(通刊325号)にわたって発刊されたアブノーマル雑誌で、戦後のSM文化に多大な影響を与えた。最初はカストリ雑誌の1つとして吉田稔により創刊されたが、やがて1948年(昭和23年)夏頃に編集に参画する須磨利之の影響(異説として創刊当初から変態マニア専門誌だったものが創刊第3号にてGHQによる検閲を受けて一時的に普通の風俗誌への業態変更を強いられていたが日本に主権が回復しGHQによる抑圧から開放された昭和27年5月から変態マニア専門誌に戻った[3])で、1952年(昭和27年)春頃から責めや縛りを中心としたマニア雑誌へと変貌していく。須磨利之自身は1953年(昭和28年)6月号で奇譚クラブを去るが、その後も編集・発行人の吉田稔を核に、辻村隆杉原虹児塚本鉄三らの努力により30年近くにわたりマニア誌として出版を続ける。

奇譚クラブ関連項目

吉田稔須磨利之辻村隆塚本鉄三杉原虹児伊藤晴雨濡木痴夢男中康弘通沼正三森下高茂団鬼六山岸康二千草忠夫芳野眉美朝野祐喜多玲子滝麗子都築峰子北原純子畔亭数久南村俊平南川和子小妻容子四馬孝春川ナミオ室井亜砂二切腹女斗美ネクタール乗馬ラバー・ゴムスパンキングソドミア鼻責め猿轡蜂胴浣腸六尺ゼンタイ

別名

Kitan Club

発行年・出版社

1947年(昭和22年)10月〜1955年(昭和30年)9月、曙書房

1955年(昭和30年)10月〜1967年(昭和42年)、天星社

1967年(昭和42年)〜1975年(昭和50年)3月、暁出版

発行人・編集人

発行人は創刊から終刊まで吉田稔

編集人は

吉田稔:1947年(昭和22年)10月〜1951年(昭和26年)11月

箕田京二:1951年(昭和26年)12月〜1968年(昭和43年)8月

杉原虹児:1968年(昭和43年)9月〜1975年(昭和50年)3月

歴史

カストリ雑誌時代の奇譚クラブ

奇譚クラブ』は、1947年(昭和22年)10月25日にB5版カストリ雑誌として大坂の曙書房から吉田稔によって創刊された。創刊当初は戦前に流行していたエログロナンセンスを踏襲[4]した変態マニア専門誌だったものが翌年1月発行の通刊第3号よりGHQによる検閲[3]を受け、次の通刊第4号よりごく普通のカストリ雑誌へと業態変更を余儀なくされる。この状態はGHQ検閲の終了する1952年(昭和27年)4月まで続き、翌月休刊してA5版へと移行する事となり、奇譚クラブのカストリ時代はそのまま連合軍による占領時代と重なる。

創刊の1年後には須磨利之辻村隆が編集に加わるが、1952年(昭和27年)6月にA5版に変更になるまでの5年間は、先述の通り基本的にはごく普通のカストリ雑誌や実話雑誌として発行されていた。詳細はカストリ雑誌時代の奇譚クラブのページ参照。

A5版曙書房時代

奇譚クラブ1952年(昭和27年)5月・6月合併号

1952年(昭和27年)、5月・6月合併号からA5版に変更し、『戦争と性慾特輯号』『倒錯の告白』などSM路線を開始[2]。7月号には『裸婦肉体美写真実費分譲』の案内に「・・責められる女の美の極致」、8月号に『責め女の写真実費分譲』と出る。

1952年(昭和27年)夏、辻村隆立花郁子を実験的に縛り[5]、次いで川端多奈子を本格的に縛る。

1952年(昭和27年)10月、『KK通信[注 2]を発行(1955年まで)。

1953年(昭和28年)1月、伊藤晴雨が1月号に短文を寄稿し、その中で喜多玲子への想いを語っている[6]

1953年(昭和28年)、6月号で須磨利之が離脱[注 3]。松井籟子の『淫火』の挿絵も7月号で喜多玲子から栗原伸に変わる。

1953年(昭和28年)11月号、濡木痴夢男の『悦虐の旅役者』が青山三枝吉のペンネームで採用。挿絵は都築峰子

1953年(昭和28年)12月、『美しき縛しめ第一集』(曙書房)刊行。撮影は塚本鉄三、緊縛は須磨利之[注 4]。第二集は、緊縛が辻村隆

1954年(昭和29年)、3月号が発売4日目で発禁処分。濡木痴夢男が真木不二夫で掲載した『魔性の姉妹』(都築峰子挿絵)の内容が問題となった。この号から掲載の始まった「読者案内欄」も当局から「売春案内である」と指摘され、5月号から消えている。

1955年(昭和30年)、5月号が摘発され、発禁処分。6月号〜9月号、12月号が休刊。

天星社時代(前半、白表紙時代

奇譚クラブ1955年(昭和30年)10月号

1955年(昭和30年)、発行元を天星社に変更して、10月号を出す[注 5]。11月号まで出して再び翌年3月まで休刊。1955年(昭和30年)10月号から1960年(昭和35年)5月号までを「白表紙時代」という。天星社時代は、さらに1967年(昭和42年)まで続く。

1956年(昭和31年)4ヶ月の休刊の後、4月号から復刊。11月号も休刊。

1958年(昭和33年)7月号に団鬼六の『お町の最後』が花巻京太郎の名で掲載。懸賞小説一位入選作品。

1960年(昭和35年)6月号よりカラー表紙に戻りグラビアも復活。

1960年(昭和35年)、吉田稔濡木痴夢男奇譚クラブの東京進出と編集長の打診[注 6][7]

1962年(昭和37年)8・9月合併号より、団鬼六の『花と蛇』が花巻京太郎の名で掲載。連載2回目は11月号、3回目は12月号。ここで休載。

1963年(昭和38年)7月号より、『花と蛇』再開。花巻京太郎から団鬼六にペンネーム変更。

1964年(昭和39年)2月、『美しき縛しめ 第三集』発刊。

1964年(昭和39年)、11月号から辻村隆の「カメラハント」が連載開始(1973年まで)。

暁出版時代

奇譚クラブ1967年(昭和42年)8月号

1967年(昭和42年)、暁出版株式会社に組織替え。

1968年(昭和43年)8 or 9月 、編集人が箕田京二から杉原虹児に交代。

1968年(昭和43年)9月、「本誌自粛の徹底」をこれ以降の号、毎月に掲載し、当局の取り締まりを意識。

1970年(昭和45年)8月、臨時増刊号として『花と蛇』決定版が出版される。異例の832ページ(36mm)[8]

1974年(昭和49年)、3月号よりカラーグラビアが始まる。

1975年(昭和50年)3月号以降は発刊されず。

その後の奇譚クラブ

1980年代に奇譚クラブ復刊号、1990年代に奇譚クラブ平成版が出版されている。詳しくはその後の奇譚クラブ参照。芳友舎のビデオレーベルとしての奇譚クラブ奇譚クラブレーベルのページ参照。

エピソード

参考資料

  1. 本木至『雑誌で読む戦後史』(1985, 新潮社)
  2. 2.0 2.1 高倉一『秘密の本棚Ⅰ:幻の雑誌1953~1964の記録』(1998, 徳間書店)
  3. 3.0 3.1 龍之巣:初期の奇譚クラブに対して行なわれた検閲の実態にてカストリ時代に行なわれていた検閲の実態が暴かれている。
  4. 龍之巣:奇譚クラブの原点を探る
  5. 辻村隆『モデル女のまぞひずむ』奇譚クラブ1954年(昭和29年)10月号, p274
  6. 伊藤晴雨女の責場を描く時の心境奇譚クラブ1953年(昭和28年)1月号, p145
  7. 7.0 7.1 濡木痴夢男『「奇譚クラブ」の絵師たち』(河出書房新社, 2004)
  8. 龍之巣:花と蛇 特集を参照。
  9. 龍之巣:La Vie Parisienne と 奇譚クラブにて表紙デザインがどの様に流用されているか判る。
  10. 「懐かしき奇譚クラブ」esme氏情報
  11. 辻村隆「話の屑籠」奇譚クラブ1956年(昭和31年)4月号, p144
  12. 辻村隆「話の屑籠』奇譚クラブ1959年(昭和34年)11月号, p117

注釈

  1. 木本至の『雑誌で読む戦後史』による。秋田昌美もこの日付を用いている。一方、高倉一の『秘密の本棚Ⅰ』の後書きによると、1946年(昭和21年)に不定期刊行物として最初に発行され、1951年(昭和26年)1月号から月刊誌化されたとある。
  2. 16ページ。半年分120円を前納すると「特別会員」としてKK通信を郵送してくる。また、読者座談会 に出席できたり、会員相互の文通が可能だった。
  3. 6月号に編集部謹告が出ている。
  4. 頒価500円
  5. この復刊第一号の表紙の写真は濡木の提供による。口絵の写真、本文の多くも濡木による(「奇譚クラブの絵師たち」より)。
  6. 返事は保留したが、その後吉田稔の方から、採算が採れないということで計画中止。

お役たちweb

つながり

吉田稔須磨利之辻村隆塚本鉄三杉原虹児伊藤晴雨濡木痴夢男中康弘通沼正三森下高茂団鬼六山岸康二千草忠夫芳野眉美朝野祐喜多玲子滝麗子都築峰子北原純子畔亭数久南村俊平南川和子小妻容子四馬孝春川ナミオ室井亜砂二切腹女斗美ネクタール乗馬ラバー・ゴムスパンキングソドミア鼻責め猿轡蜂胴浣腸六尺ゼンタイ