四馬孝

提供: SMpedia
移動先: 案内検索
四馬孝 奇譚クラブ 1956年(昭和31年)8月号より

しま たかし、(生年月日不詳)。奇譚クラブ 1954年(昭和29年)11月号あたりから1975年(昭和50年)3月の最終号まで登場した絵師。「鼻責め」を特徴。同誌のグラビア撮影にも関与。

概要

絵師。奇譚クラブ 1954年(昭和29年)11月号あたりから1975年(昭和50年)3月の最終号まで作品発表。顔責め、鼻責め、革拘束具の責め絵が多い。奇譚クラブの写真撮影にも積極的に関与していた模様。

別名

Takashi Shima、四万孝、深山翠、多摩敏郎

略歴

四馬孝 奇譚クラブ 1954年(昭和29年)11月号より

1954年(昭和29年)11月、奇譚クラブ 1954年(昭和29年)11月号あたりから登場。

1959年(昭和34年)4月、奇譚クラブSADO特集号第2集では、四馬孝が大きく特集されている。

1961年(昭和36年)4月、奇譚クラブの「編集部便り」で「四馬孝氏が来阪。久々ぶりにアブ探求の体験談をきいた・・」とある。

四馬孝 奇譚クラブ 1975年(昭和50年)3月(最終号)より

1975年(昭和50年)3月、奇譚クラブ最終号である3月号の表紙。

1975年(昭和50年)、多摩敏郎の名でサスペンスマガジンに作品発表。

エピソード

  • 塚本鉄三と仲が良く、同じモデルを塚本が写真撮影、四馬がデッサンしていた[1]
  • 奇譚クラブ1960年(昭和35年)8月号に「新人モデル若原明子さんにポーズをつける四馬孝氏」の写真がある。
  • 志摩紫光「とても嗜虐心を掻き立てる女の表情に興奮したな〜(苦笑)。大好きな絵師で、まだご存命なんですよね。」(2016.2.17, Mixiでのコメント)

代表作品

引用文献

  1. 奇譚クラブ1970年(昭和45年)7月号, p233

注釈

お役たちweb

つながり