千草忠夫

提供: SMpedia
移動先: 案内検索

ちぐさ ただお、1930年(昭和5年) - 1995年(平成7年)1月12日

概略

文筆家。絵師。高校の英語教師の傍ら、1960年(昭和35年)の奇譚クラブに愛読者投稿小説が入選し、文筆家としてデビュー。後期奇譚クラブに引き続き、70年代から始まるSM雑誌ブームで活発に作品発表。熱烈な団鬼六の『花と蛇』のファンとしても知られる。絵師としても千百蘭の名前で作品を残している。

別名

九十九十郎、珠州九、八巻令、三鬼俊、並木梗太郎、乾正人、千百蘭(絵師)

略歴

北陸地方で高校教師。

1958年(昭和33年)、奇譚クラブ10月号に『本誌「緊縛絵画」論』発表。

1960年(昭和35年)、奇譚クラブ2月号に懸賞愛読者入選作品『雌雄』が掲載。

1971年(昭和46年)12月、SMファン創刊号に『覗かれた狂宴』を。挿絵は北瀬誠

1973年(昭和48年)、SMキング10月号から『O嬢の物語』を九十九十郎名で連載開始[注 1]。挿絵は椋陽児

1984年(昭和59年)、日本出版社のアップル・ノベルズから「嬲獣シリーズ」が刊行。表紙;篠崎春夫、挿画:前田寿安他。

1985年(昭和60年)、日本出版社のアップル・ノベルズから「新美肉の冥府シリーズ」が刊行。表紙は新井田孝他。

エピソード

  • 千草忠夫は熱烈な団鬼六の『花と蛇』の支持者で、団が三崎中学校で英語教師をしていた頃(1962-3年)、三崎まで訪問。その後、夏休み毎に三崎を訪問し、1週間ばかり団の家に泊まっていた[1]

代表作

  • 千草忠夫雌雄奇譚クラブ1960年(昭和35年)2月号, p18
  • 千草忠夫夜は知っている奇譚クラブ1960年(昭和35年)3月号, p36
  • 千草忠夫のおと・あと・らんだむ(三)奇譚クラブ1966年(昭和41年)4月号, p34
  • 八巻令鏡の中の薔薇』(耽美館, 1969)(挿絵:落合龍二)(SM耽美文学シリーズ No.3)
  • 三鬼俊魔女検察官』(耽美館, 1969)(挿絵:K・サイモン)(SM耽美文学シリーズ No.5)
  • 八巻令復讐逆十字』(耽美館, 1969)(挿絵:小日向一夢)(SM耽美文学シリーズ No.13)
  • 千草忠夫貘の棲む館』(挿絵:山田彬弘)(発行:譚奇会、発売:三崎書房, 1970)
  • 珠洲九不適応者の群れ』(譚奇会刊, 三崎書房, 1971)
  • 千草忠夫背徳のレンズSMファン1973年(昭和48年)5月号。挿絵は天堂寺慎
  • 千草忠夫美濃村さんと私S&Mスナイパー1992年(平成4年)7月号
  • 千草忠夫千草忠夫選集』(ベストセラーズ, 1998)
  • ポーリーヌ レアージュ・千草忠夫訳『O嬢の物語』(日本出版社, 2004)

引用文献

  1. 西村京太郎・団鬼六『昭和ヒトケタ世代の現役宣言』幻冬舎『花は紅―団鬼六の世界』pp42-pp52 (幻冬舎, 1999)

注釈

  1. 忠実な翻訳作品ではなく意訳。1974年(昭和49年)5月号までの8回連載。


お役たちweb