伊藤文學

提供: SMpedia
移動先: 案内検索

いとう ぶんがく、1932年(昭和7年)3月19日

概要

編集者。

別名

Bungaku Ito

略歴

1932年(昭和7年)3月19日、伊藤禱一の息子として誕生。

1952年(昭和27年)、伊藤禱一の経営する第二書房に入社。

1962年(昭和37年)、 第二書房から「ナイト・ブックス」を刊行開始。

1970年(昭和45年)11月、再婚。

1971年(昭和46年)7月、 第二書房から『薔薇族』創刊。「風俗奇譚」に執筆していた藤田竜、間宮浩が手伝う。

1976年(昭和51年)5月18日、談話室「祭」を新宿[注 1]にオープン。

2004年(平成16年)、11月号『薔薇族』で休刊。

2007年(平成19年)、『薔薇族』再々復刊。

2011年(平成23年)10月15日、『新宿祭 第1回 ~RISK~』。出演:三上寛黒岩安紀子伊藤文學山口椿神凪大黒堂ミロ

エピソード

  • 祖父は救世軍の伊藤富士雄。大正時代に廓の女郎解放運動を行っていた。
  • 先妻は前衛舞踏家の伊藤ミカ、末の妹は文筆家の伊藤紀子で草薙実の妻。
  • 装幀は宇野亜喜良が担当。

代表作

薔薇族

引用文献

注釈

  1. 新宿厚生年金会館のとなりのQフラットビル2階。美輪明宏の「クラブ巴里」が向い側にあった。

お役たちweb

つながり