久保藤吉

提供: SMpedia
移動先: 案内検索

くぼ とうきち

概要

印刷業出身で、大元社からいくつかの文芸書を出版していた。1949年(昭和24年)、高橋鐵を知り、あまとりあ社を設立して同氏の代表作である『あるす・あまとりあ』を出版。1953年(昭和28)年には久保書店を設立。『あまとりあ』『かっぱ』『裏窓』『耽奇小説』などの雑誌や、他のSM歴史上重要な書籍の発行に関与し、中田雅久須磨利之濡木痴夢男椋陽児浦戸宏などの雇用者でもあった。

別名

略歴

1949年(昭和24年)11月30日、『あるす・あまとりあ』を出版[注 1]。60万部を超す大ヒットとなる。[1]

1951年(昭和26年)2月1日、久保藤吉が編集・発行人で『あまとりあ』(あまとりあ社)創刊。まもなく中田雅久が編集人。

1953年(昭和28)年4月1日、株式会社久保書店設立。続いて、4月10日は株式会社あまとりあ社[注 2]創立[2]

1956年(昭和31年)1月、かっぱ創刊。

エピソード

  • 戦争中は軍関係の印刷を担当していたために、終戦後、紙を多量に所有していた。終戦直後は紙不足であったtめに、所持していた紙をもとに、印刷業から出版業へ乗り出した[3]
  • 久保藤吉高橋鐵の出会いは、久保藤吉によると「東京スポーツの大村氏の紹介」とあり、高橋鐵によると「式場隆三郎の紹介」、とある[4]

代表作

引用文献

  1. 鈴木敏文『性の伝道者 高橋鉄』(河出書房新社, 1993)
  2. 同社HPより
  3. 浦戸宏私信 to U. 2011.6.23
  4. おなごり座談会 悪書?製造者大いに語るあまとりあ1955年(昭和30年)8月終刊号

注釈

  1. ヴァン・デ・ヴェルデの『完全なる結婚』を意識した作品。久保藤吉自身もヴェルデの『完全なる結婚』を意識した出版を模索していたところ、東京タイムスの大村氏に高橋鐵を紹介されて訪問。書きかけの『あるす・あまとりあ』の原稿を一目見て出版を決意。式場隆三郎の推奨を得る。
  2. それまでは株式会社になっていなかったのかもしれない。

お役たちweb

つながり