中川彩子

提供: SMpedia
移動先: 案内検索
中川彩子 (1928-1980) 『風俗草紙』口絵(1953.12)

なかがわ あやこ、1928年(昭和3年)10月12日-1980年(昭和55年) 10月11日

概要

絵師。シュールリアリズムの画家として名を成した藤野一友の変名。『風俗草紙』から登場。奇譚クラブには描いていない。拷問画が特徴。春川光彦の変名で裏窓に小説も書いている。漢文学者の藤野岩友を父に持つ。『風俗奇譚』『画報風俗奇譚』『裏窓』『耽美芸術グラフ』『サスペンスマガジン』『SMファン』『別冊SMファン』に描く。

別名

藤野一友中川あや、土居啓子、K・サイモン、安田たか子[注 1]、春川光彦(文)

略歴

1928年(昭和3年)10月12日、漢文学者の藤野岩友を父に生まれる[注 2]

1953年(昭和28年)、『風俗草紙』でデビュー。

1965年(昭和40年)頃、脳卒中で倒れ、右半身が麻痺[1]。。

1980年(昭和55年) 10月11日、急性心不全で永眠[1]

エピソード

代表作品

画集

雑誌

参考資料

  1. 1.0 1.1 美濃村晃彗星のごとく消えた天才画家SMコレクター1981年(昭和56年) 3月号, p164
  2. 2.0 2.1 2.2 濡木痴夢男「奇譚クラブ」の絵師たち』(河出書房新社, 2004)
  3. 唐沢俊一『序文 裏窓の天使』 in 『天使の緊縛―藤野一友=中川彩子作品集』(河出書房新社, 2002)
  4. 画報風俗奇譚』1960年(昭和35年)10月号, p114

注釈

  1. 確認が必要。風俗科斈1954年(昭和29年)3月20日号に安田たか子の作品が出ているが、中川彩子 の作風に似ている。
  2. 10月号中川彩子の名前が出てくるが、7月の創刊号から描いていたのかもしれない。

お役たちweb

つながり

SM殿堂