中島喜美

提供: SMpedia
移動先: 案内検索
中島喜美 裏窓1959年(昭和34年)7月号より
中島喜美 裏窓1957年(昭和32年)11月号の島本春雄鬼姫変化』より。
中島喜美 風俗草紙1954年(昭和29年)2月号の島本春雄鏡妖傳』より。


なかじま きよし、(生年不詳)。1940年代から「妖奇」「風俗草紙」「裏窓」に挿絵を書いていた男性の日本画家。濡木痴夢男が親しくしていた。

概要

絵師。風俗草紙裏窓などで活躍。男性。

別名

仲島炬司、中嶋喜美

略歴

1949年(昭和24年)4月、讀切講談世界4月号の口絵。

エピソード

  • 「彼は日本画家で、小田急沿線の狛江に住んでいて、新宿の同じ喫茶店でよくあった。女性を繊細艶麗に描くだけあって、奥さんはとてもきれいで、いつも和服を着ていた。」[1]

作品

  • 島本春雄振袖小姓捕物控妖奇 194?年に連載。挿絵は中島喜美[注 1]
  • 中島喜美地獄屏風裏窓1959年(昭和34年)7月号, 口絵
  • 中島喜美絵と文『美肌小姓裏窓1959年(昭和34年)7月号, p131
  • 飯田豊吉往生組始末記裏窓1959年(昭和34年)7月号, p248(挿絵:中島喜美)
  • 飯田豊吉狂異地獄肌』裏窓叢書1(挿絵:中島喜美)

引用文献

  1. 飯田豊一『奇譚クラブ』から『裏窓』へ』(論創社, 2013)

注釈

  1. 妖奇廃刊後にオール・ロマンスへ2話連載。風俗奇譚にも1~2作再録。後に久保書店から書籍化(1955)。この時の装丁は喜多玲子

お役たちweb

つながり