トーク:早川佳克

提供: SMpedia
移動先:案内検索

はやかわ よしかつ、1949年(昭和24年)-

活動内容

緊縛師。

別名

夢村寛、Yoshikatsu Hayakawa

略歴

1962年(昭和37年)頃、風俗奇譚を知り、SMに興味をもつ。

1968年(昭和43年)頃、交際中の女性を初めて縛る。

1972年(昭和47年)、大学を卒業[注 1]して三崎書房に入社[注 2]えろちかの編集を担当。

1973年(昭和48年)4月、えろちかの休刊後、『幻想と怪奇』の創刊編集長(編集顧問は荒俣宏)。創刊号は三崎書房から出版されたが、創刊当日に三崎書房が倒産。その後は歳月社[注 3]が引き継いでで発行。1974年(昭和49年)10月の12号まで続く。早川は11号で歳月社をやめた。

1974年(昭和49年)、平田明の誘いで司書房に入社。「別冊SMファン」デスク、さらに竹書房の「ギャンブル・パンチ」デスク、「近代麻雀オリジナル」創刊編集長などを歴任。

(1970年代後半、平田明司書房を辞して経済関係の新聞社に転職。その後、大洋図書から空席になったミリオン出版の社長に呼ばれる。所長の後に須藤を呼び寄せ、漫画雑誌を創っていたが、そのうちSMを始める。浅田と松本は残っていたが、司書房の編集部長だった石川精亨と意見が合わず、三和出版の名義をもらって外に出る。さらに三和出版が分裂し、松本が三和に残り、浅田が出て行き三和出版)。

1980年(昭和55年)、ミリオン出版に入社。「S&Mスナイパー」編集長、「別冊スナイパー」創刊編集長となる。この頃から、「髭の編集長」と呼ばれる。

1983年(昭和58年)、「S&Mスナイパー」9月号より、「髭の交遊録」連載開始。

(真宮寺(小西洋)の縛りは荒木が気に入っていた。)

1984年(昭和59年)、ミリオン出版編集局長となるが退職してフリー編集者となる。「フランス書院文庫」「トマト・ノベルス」の出版に関わる[注 4]

1991年(平成3年)、「髭のサロン」を開催し、S&Mスナイパーにも「髭のサロン」の連載を開始。編集プロダクション(有)ソーマ設立。

1996年(平成8年)、パソコン通信のパティオ開設。

1999年(平成11年)、ウェブ・ページ「髭のサロン」開設。

2001年(平成13年)10月、六本木にSMラウンジ「mugen」を開店。

2006年、ソーマ解散。mugen閉店。

2006年(平成18年)10月3日、女王様スナック「なかむら」[note 1]を根拠として「髭のサロン」の活動を再開。

2009年(平成21年)12月25日、「なかむら」の閉店にともない、「髭のサロン」の活動を新し場所に移す。

エピソード

  • 蘭光生との公私とものつきあいが長い。
  • 夫人は『奇想天外』の編集。

代表作

ノート

  1. 卒業研究はGeorges Batailleを中心としたエロス研究。
  2. 入社時の社長は林。
  3. 三崎書房の印刷を担当していた。三崎書房の債権者でもあった。
  4. スナイパー時代に知り合ったSM作家をこれらの文庫本に売り込む。

つながり

蘭光生 鷹木竿主

お役たちweb


引用エラー: 「note」という名前のグループの <ref> タグがありますが、対応する <references group="note"/> タグが見つからない、または閉じる </ref> タグがありません