サスペンス&ミステリーマガジン

提供: SMpedia
移動先: 案内検索
サスペンス&ミステリーマガジン 1971年(昭和46年)6月号

サスペンス&ミステリーマガジン、1968年(昭和43年)〜1983年(昭和58年)[注 1]コバルト社から1968年に創刊。「SM」という略号を表紙に使い出した最初の雑誌。『SMマガジン』へと改題して1983年まで続く。

概要

1970年代からSM雑誌のブームが起こるが、雑誌に「SM」という言葉を堂々と使い出したのは、1968年(昭和43年)に創刊された『サスペンス&ミステリーマガジン』だとされている。正式名「サスペンス&ミステリーマガジン」でスタートしたが、当初より表紙にはタイトルの略号として「SM」が大きくデザインされている。創刊2月後には、裏表紙の書名が「SMマガジン」となっており、1969年(昭和44年)10月に出した臨時増刊号は『SMマガジン臨時増刊号』となっている。1976年(昭和51年)には『SMマガジン』へと改題して1983年(昭和58年)まで続く。

発行年・出版社

コバルト社から1968年(昭和43年)9月に創刊され、1976年(昭和51年)『SMマガジン』へと改題し、1983年(昭和58年)4月号まで続く。

発行人・編集人

編集人:松山譲一

主な出来事

1968年(昭和43年)9月、編集人:松山譲一で創刊。表紙にはタイトルの略号として「SM」が大きくデザインされている。

1968年(昭和43年)11月、この号以降サスペンス&ミステリーマガジンの裏表紙の書名が「SMマガジン」となっている。

1969年(昭和44年)10月、臨時増刊号第1号として『SMマガジン[注 2]10月臨時増刊号』を発行[注 3]

1970年(昭和45年)2月、臨時増刊号第2号として『SMマガジン2月臨時増刊号』。

1970年(昭和45年)2月、臨時増刊号は『問題SM小説』として独立。

1976年(昭和51年)8月、サスペンス&ミステリーマガジン8月臨時増刊「耽美SM小説第2集」。

1976年(昭和51年)、『SMマガジン』へと改題。

1983年(昭和58年)、4月号で休刊。

エピソード

引用文献

注釈

  1. ただし、1976年(昭和51年)に『SMマガジン』へと改題
  2. 本来なら『サスペンス&ミステリーマガジン臨時増刊号』というべきところを、略号の『SMマガジン』を使っている。
  3. 編集人は同じく松山譲一椋陽児や植草甚一が書いている。

お役たちweb

つながり

SMという言葉の誕生