カテゴリ:女性緊縛師

提供: SMpedia
移動先: 案内検索

緊縛師」の定義も厳密に考えると難しいが、さらに「女性緊縛師」となるとますますややこしい。ほどんどのミストレスは縄を使うことができるが、当人も緊縛にそれほどこだわりがない場合が多い。ここでは、明らかに「緊縛師」「ロープ・アーティスト」など、「緊縛」「縛り」を意識して活動している人を選んでいる。また、ミストレスの中でも、緊縛の教則本緊縛の教則ビデオ映画における緊縛指導などの活動の記録が残っている人々を選んでいる。「女性緊縛師」と「ミストレス」は必ずしも重ならないので注意されたい。また、自縛ショーなどをおこなっているパフォーマーも緊縛の高い技術とこだわりをもっているわけだが、この分類にはいれていない。