その後の奇譚クラブ

提供: SMpedia
移動先: 案内検索

概要

1975年(昭和50年)に休刊した奇譚クラブだが、その後商標権は吉田稔から賀山茂に移り[1]、1982年(昭和57年)には『奇譚クラブ復刊号』が、1994年には芳友舎(当時)からビデオレーベルとしての『奇譚クラブ』が生まれている。これらとは別に[注 1]、1990年代に奇譚クラブ平成版が出版されている。奇譚クラブの商標権とロゴは2000年代に賀山茂から非SM系の精密造形玩具会社[2]にわたっている。

後続誌

関連書籍

奇譚クラブを冠するもの

AV作品

VHSビデオ

 ビデオテープ及びDVDが販売されている。

PCソフト

PCソフト

 Windows3.1/MacintoshLCⅢ 対応のPCソフトとして創刊され、後にWindows95対応版なども販売されていた。
 創刊号 ISBN4-89392-808

雑誌・書籍

 上記AV作品奇譚クラブシリーズを元にしたSM写真集。巻末にVHSビデオの一覧が70タイトル程掲載されている。

同人誌

表紙比較

 奇譚クラブと非常に似た特徴を持つ[3]同人誌

 編集者:相田和、印刷所:サンライズ印刷

 ソフトSM(縛り、道具)。女性向けBL(ボーイズラブ)の同人プチアンソロジー

 掲載作品「赤い靴」「マゾヒズムのススメ」「寄生蟲」「縛り馬」(3作品が短編小説、1作品が漫画)

 奇譚クラブ昭和32年(1962)5月号をそっくり真似た表紙デザインが特徴的(左に掲載した画像を参照)

エピソード

引用文献

  1. 賀山茂, 私信 to U
  2. 2006年(平成18年)9月25日株式会社奇譚クラブが設立
  3. 龍之巣:直高的 奇譚クラブ

注釈

  1. 賀山茂との関連は不明。

お役たちweb

  • 龍之巣奇譚クラブ 全巻(本誌・増刊・別冊・限定版・復刊・平成版)の一覧・通刊番号・巻号・概要を閲覧できる

つながり

吉田稔須磨利之辻村隆塚本鉄三杉原虹児伊藤晴雨濡木痴夢男中康弘通沼正三森下高茂団鬼六山岸康二千草忠夫芳野眉美朝野祐喜多玲子滝麗子都築峰子北原純子畔亭数久南村俊平南川和子小妻容子四馬孝春川ナミオ室井亜砂二切腹女斗美ネクタール乗馬ラバー・ゴムスパンキングソドミア鼻責め猿轡蜂胴浣腸六尺ゼンタイ